気体と液体を無電源でナノ化「ウォーターナノサイクロン方式」 除菌水・炭酸泉の無電源製造装置の開発

感染対策・衛生管理に有効な
次亜塩素酸ナトリウム
まだ水で薄めていますか?
それとも、
高額な弱酸性次亜塩素酸水を使用していますか?


弱酸性にpHを安定させて安全な除菌水に

「次亜塩素酸ナトリウム」を「炭酸水」で希釈する事で
pHが安定し、低コストで安全・強力な除菌水が出来ます。
塩素濃度は0~400ppm。その場で設定が可能です。

食品添加物に指定されている次亜塩素酸ナトリウムは、厚労省のガイドラインでも感染対策・衛生管理に使用が推奨されている強力な除菌水です。 機能的に㏗5.0~6.5の領域で最も強力な除菌力を発揮することが知られており、炭酸水で希釈すると㏗が5.0~6.5に落ち着き、強力で安全な「弱酸性次亜塩素酸除菌水」ができるのです。また、弱酸性なので肌に付いても荒れにくく、特有のきつい塩素臭も緩和されます。

薬液に触れずに交換

「除菌革命」の特徴の一つがバック交換式です。 効果の高い「弱酸性次亜塩素酸水」をその場で生成する事で低コストで安全な除菌水を生成する事が可能ですが、従来通り水で希釈すると・・・

次亜塩素酸ナトリウムに触れて手荒れ!
気付いたら洋服が漂白されていた!!
塩素臭が店中に広がってしまい、お客様に不快な思いをさせてしまった。

なんて経験はありませんでしょうか?
バック交換式ならそんな悩みも少なくなります。

直接原液に触れる事はないので、スタッフの大切な手を手荒れから守ることが出来ます。洋服も漂白でガッカリする心配も少なくなります。また、交換時にも塩素臭はほとんどしないので、臭いを気にせず交換が可能です。

人に優しい「カーボニック次亜水」

カーボニック次亜水の主な成分である「次亜塩素酸」は、もともと人の体内でつくられている物質です。
体内では、入ってきた病原菌に対して白血球が「次亜塩素酸」を発生させて攻撃し、最後は水に変化します。
「次亜塩素酸」は、体内でも活躍する「安全・強力」なとても優れた物質なのです。
除菌革命より生成される「カーボニック次亜水」は弱酸性なので、肌に付いても安心です。

除菌率99.99%

除菌率99%の除菌製品は巷にあふれています。
ですが、除菌したい菌やウイルスによって除菌水も使い分ける必要があります。例えば、一番身近で信頼性のある「アルコール」ですが、強力な感染力を持つ「ノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルス・芽胞菌」などの除菌には適しません。
除菌力99.99%と表示されているからと言って、どの菌やウイルスにも効果があるわけではないのです。 「除菌革命」から生成される

「カーボニック次亜水」は、除菌効果の試験によって、強力な除菌力と、幅広い種類の菌やウイルスへの効果が認められました。

今まで除菌水を目的別に使い分けていた現場でも、この「除菌革命」1台でOK。管理やコストの煩わしさから解放されます。

殺菌効果の一例

除菌の証明

「日本食品分析センター」にて、除菌力が証明されました。詳しくはpdfでご覧いただけます。

食中毒菌・院内感染菌・かび・虫歯菌・水虫菌などはもちろん、
なかなか対策が難しい菌にも「除菌革命」は対応できます。

除菌水はつくりたてが一番

「次亜塩素酸ナトリウム」は、厚生労働省でも使用が推奨されるなど「感染対策」「衛生管理」には欠かせない存在です。
しかし、その保存性はとてもデリケートで、紫外線や高温によって分解が促進されます。水溶液の状態で保存していても時間がたつにつれて分解し、除菌効果は減退していきます。
特に、高濃度の次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、使いきれる分だけ作らなければ、無駄になる分の方が多くなってしまいます。「除菌革命」は使いたい時に使いたい分だけ「その場で生成できる」装置です。
既製品の塩素系の除菌水や、水で薄めて使用している場合に比べると、つくりたての除菌効果ははるかに高く、無駄がありません。

低コストを可能にした「除菌水生成装置」

従来の「弱酸性次亜塩素酸水」は強力で安全な代わりにとても高価でした。しかし、「除菌革命」で生成する事によりコストが大幅に削減できます。「除菌革命」の本体価格は高価に感じるかもしれませんが、使用年月で考えて頂ければランニングコストはとてもお安くなります。

こんな企業様にオススメです

  •  月に2~3万以上「除菌水」を購入している。(弱酸性次亜塩素酸水・アルコールなど)
  •  アルコール消毒だけでは不安がある。
  •  現場の衛生管理にバラツキがある。
  •  衛生管理に力を入れていることをお客様にPRして安心していただきたい。
  •  電解除菌水の機械は高価で大がかりなので、同じ性能だが手ごろで小型な装置を探していた。
  •  お客様に塩素臭がきついと指摘された。
  •  次亜塩素酸ナトリウムによってスタッフが手荒れに悩んでいる。
  •  除菌効果が実証されており、安心して使用できる除菌水を探していた。
  •  流行性の感染対策が完全ではない。
  •  ハラール対策でアルコール不使用の除菌水を探している。

ご使用方法(塩素濃度50~400ppm)

50ppm
  • 手指の除菌
  • 生き物に使用する場合は50ppmがおすすめです。
100ppm
  • 食器のつけおき
  • トイレ・タバコ・焼き肉などの消臭
  • 下駄箱の消臭・除菌
  • 手すりやドアノブなど
  • 物に使用する場合は100ppmがおすすめです。
200ppm
  • キッチンやシンク内の除菌
  • ゴミ箱
  • 肉、魚を切った包丁、まな板、ふきん
  • 汚れと反応して効果が薄れてしまうため、汚れを落としてから使用してください。
400ppm
  • ノロ感染時の吐瀉物、排泄物の処理時
  • トイレの便器内の清掃時
  • 水回りのカビ
  • 有機物にまみれた菌に使用する場合には400ppmがおすすめです。

アルミバックの交換方法【動画】

Page Top